« 2020年04月 | メイン | 2020年06月 »

2020年05月27日

富士川工場研修

こんにちは!
富士川工場 工場研修の浅原と申します。

5月も終わりが近づき、最近、徐々に暑くなってきました。
この後、梅雨や猛暑が来ると思うと嫌になりますね。

今回私は富士川工場の新入社員研修について簡単に話したいと思います。
富士川工場は冷間鍛造を用いた量産工場です。皆さんが想像する工場に一番近い工場だと思います。
富士川工場の研修では、二ヶ月間で製造課、品質保証課、技術課、業務課、金型製造課を回り、研修を行います。

行う研修の内容は、製造課ではプレス機の材料供給やプレス前部品への油付け、プレス作業をしている先輩社員の補助。品質保証課ではノギスやマイクロメータ、ハイトゲージなどを用いた測定訓練。技術課では2DCADや3DCADでの製図練習。業務課では出荷する製品の梱包。金型製造課では私はまだやっていませんが研磨機による表面処理を行うそうです。
以上5つの課を回ることで製品の製造から出荷までの一連の流れを体験することができます。

入社前は仕事について行けるか不安でしたが、実際の研修では始まってから3日間は富士川工場についての説明や仕事に関する知識を一通り座学形式で教えていただけ、作業する際も担当の方から詳しく説明があるため安心して作業することができます。
富士川工場は気さくで優しい方が多く、質問しやすいため、わからないことが出てきてもすぐに解決することができます。
新入社員ブログを見て、他工場も優しい方が多いと書いてあり、私も安心しました。

また、清水工場と富士川工場の研修期間中は草薙駅近くにある社宅で同期と3人での共同生活を行います。社宅は和室1部屋、洋室2部屋、リビングがあり、部屋割りを決めて生活します。
研修前は、全く知らない人で年も違う2人と共同生活なんてきついなと思っていましたが、実際に生活してみると意外と楽しく、同期とも仲良くなれたので共同生活して良かったと思います。
お金面も家賃や光熱費等は会社負担で食費しかかかららないためお金が貯まりやすくラッキーです!

これまで富士川工場研修の簡単な説明をしてきました。
拙い説明でしたが少しでも参考にしていただけたら幸いです。

コロナウイルスの影響で大変な生活を強いられています。
就職活動中の皆さんは思うように活動ができず大変な思いをしていると思います。
しかし、就職は人生を左右する大きなポイントのため、健康に注意しながらも、妥協せず、自分が納得できるまで頑張ってください。
応援してます!


2020年5月27日更新

|

2020年05月22日

配属されて早1ヵ月!

はじめまして!
電機課 営業アシスタントの尾関と申します。

電機課に配属されてからはあっという間の1ヵ月でした!

今回は、電機課と営業アシスタントについて軽くご紹介したいと思います!
電機課は本社別館と沼津・浜松の営業所の3つの拠点があり、商事事業部の中でも人数が多いのが特徴です。
先輩方は明るく、とても楽しい職場です!主な事業としては、三菱電機の販売代理店として、三菱電機の製品(FA機器やそれに関連する部品など)の販売をしています。

営業アシスタントは製品を販売するにあたって必要となる、見積書などを作成する仕事をしています。
私も現在、見積書作成の練習をしているのですが、初めてのことが次々と出てきて頭の中が?マークでいっぱいになることがあります。
しかし、その度に周りの先輩方が優しく教えてくださり、基本的なことは1人でできるようになってきました。(自分の苦手なところを何回も質問していますが、何回でも優しく教えてくださいます!)
そして、先輩が教えてくださったことを自分なりにノートにまとめ、テキストのようにして使っています。
つまづいたとき、そのノートを見返して、できなかったことができるようになったときは喜びもひとしおです!

できないことやわからないことがまだまだたくさんありますが、自分なりにできることを見つけ、積極的に頑張っていこうと思っています。

最後に、今就活をしている皆さんへ
コロナウイルスの影響で就職活動が思うように進まず、不安に思うこともたくさんあると思います。
でも絶対に大丈夫です!
置かれている状況も、与えられている時間もみんな同じです。
就職活動を思うようにできないことを不安に思うよりも、活動ができるようになったときに生まれる不安を今のうちに予測して1つづつ消していきましょう!(就活の軸はどのような根拠から軸としたのか、面接時の質問予想など)
こんなに偉そうに語る私は就職活動にかなり苦戦し、もう社会人として働けないのではないかと不安になった時もありました。
だからこそ、準備の大切さを知っています。
時間に余裕がある今だからできる準備(自己分析や志望動機の再確認など)を徹底的にして、どこからでもかかってこい!という気持ちで活動ができたらきっとうまくいくと思います。
そして、うまくいかなくても次こそは!という気持ちで腐らずに頑張ってください。
就職活動に苦戦した私ですが、諦めずに就活を続け、靜甲に入社できて本当に良かったと感じています!

長くなりましたが、どんな時でも前を向いて、たまには休憩もしながら頑張っていきましょうね!!


2020年5月22日更新

|

気づけば入社から二ヶ月

初めまして、三島工場 工場研修中の金丸です!
入社してから気が付けば二ヶ月が過ぎようとしています。ここまでの日々は短いような長いような…三ヶ月前まで大学生だったのが信じられません。

研修では初めに座学で工場の特徴や各部署の説明を座学で受け、今は製造課の先輩方の指導の下、機械の組み立てや部品の製作等の作業を行っています。私は高校生の時からずっと電気の事を学んで来たので今やっている作業は初めての事が多く、良い経験をしています。少し前に動いている機械を間近で見せて貰う機会がありました。その時は機械の電気配線を見たり、どんな装置が取り付けられて、それがどんな動作をして機械全体が動いているのかを観察出来て面白かったです。将来はこういう機械の一部を作るんだ、そう考えると期待に胸が膨らみます。

私は就活中、会社に入って仕事をやっていけるだろうか、怖い先輩が居たら嫌だな、等考えれば考えるほど不安になる時がありました。そんな不安を感じていた中で私がこの会社を選んだのは職場の雰囲気、人が優しそうだと思ったからです。会社に入って、その考えは間違っていなかったと感じています。先輩はとても気さくな人が多いです!

コロナの影響が無かった時の私の不安は今、今後就活をする人に比べたら微々たる物だと思います。自分は今の他人と自分を比較すると大体不安を感じるので他人は他人と考えた方がいいと思っています。心がやられていなければ何とかなると大学の先生に教わったので、皆さんも不安にやられないように心のケアをしっかり行ってください!


2020年5月22日更新

|

2020年05月20日

配属されてから1か月

はじめまして、IT推進室の伊村と申します。
4月に入社し、10日間の新入社員研修を経てIT推進室に配属され、約1か月が経過しました。

私が所属しているIT推進室は、社内の業務で使用するサーバーやネットワーク、パソコンなどを管理する部署です。多分一般的には情シスと呼ばれる部門に相当するのだと思います。
4月末は新型コロナウィルスの影響による在宅勤務等の対応でバタバタしていたIT推進室も、GWを過ぎてからは多少落ち着いたような気がします。
この部署は比較的若いメンバーで構成されており、親切な方ばかりで、気軽に質問がしやすい雰囲気だと思います。私自身入社してから分からないことばかりでいつも助けていただいてます。

今はIT関連の資格取得を目指して勉強しながら、電話を取り次いだり、新しく買ったパソコンのセットアップを手伝ったりしています。
最初は周りの方達が何を話しているかさっぱり分かりませんでしたが、最近は「多分今こんな感じの問い合わせ対応をしてるんだな」、「このパソコンはあの部署の人達が使うんだな」、「この業務はあの人が担当しているんだな」など、少しずつ社内のことについて分かってきました。

就職活動中の皆さんは不安なことが多いかもしれませんが、無理をせず体調に気を付けてください。
応援しています。


2020年5月20日更新

|

2020年05月15日

入社して1ヶ月が過ぎました。

はじめまして!
清水工場 製造部 資材課 購買係の三浦と申します。
入社してから1日1日があっという間に過ぎ去り、5月も後半に突入しました。

私が所属している資材課は購買係と機械係に分けられます。購買係は本社の向かいにある工場の1階に設置されており、機械係は本社から道を挟んだ場所にある工場内で主に作業を行っています。
仕事内容は、自社で製造している機械の部品や部品を作るための材料の発注を購買係が行い、発注した材料で部品を作っているのが機械係の仕事となっています。

現在私が行っている仕事は、納品書の作成や工場で使用する材料の発注書、消耗品の注文書などを作成しています。
はじめは材料名や部品番号など全く意味の分からない状態でしたが、課長、係長はじめ優しい先輩方が丁寧に教えて下さり、徐々に仕事内容も覚えてきました。まだまだ分からないことや出来ないことがありますが、早く先輩方のように仕事が出来るよう、たくさん聞いて、見て学び、日々成長していきたいです。

コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されましたが、油断は禁物です。今まで行ってきた手洗いうがい、手指消毒などできることを精一杯行いましょう。
気の抜けない苦しい日々ですが、皆さんで乗り切りましょう!


2020年5月15日更新

|

2020年05月11日

GWがあけて

はじめまして!
商事事業部 設備営業部 設備課 空調サービス係の岩瀬と申します。

入社から一か月とすこしが経ち、暑さを感じる時季となりました。
世間では、新型コロナウィルスが社会問題となり、私たちもテレワークの導入や勤務体制の見直しなど少なくない影響を日々感じています。

さて、私の社会人になってからの一か月を振り返りながら仕事の説明をしたいと思います。
私が配属されたのは、靜甲株式会社の商社機能を担う「商事事業部」の中にあり、空調設備を販売・施工する「設備課・空調サービス係」です。
皆さんが利用する公共施設や銀行、職場などに空調サービスを提供するのが主な仕事です。
私が担当するのは、その空調機器取り付け工事の際の施工管理(現場監督)です。
仕事内容は、図面の作成、工期やコストの管理、職人さんとお客様の方針の調整、安全管理など私もまだ把握しきれないほど多岐にわたります。
施工管理という立場は、実際に取り付け作業はしないものの、作業について、機器についてよく理解していなければなりません。

私は、文系学生でしたので、最初は空調の仕組みも分からず不安でいっぱいでした。いえ、正直にいえば今も不安は感じています。
しかし、今は段々とその不安も解消されてきています。というのも、漠然とした不安が、働き始めたことで具体的な課題に変化していったからです。周りに、頼れる同期や先輩、上司がいるという安心感もあるでしょう。

ここを覗いている就活生はどのような不安を抱えているでしょうか。
就活生へのアドバイスとして、このような状況ですから安易な外出はおすすめできませんが、今一度、身近なところに人の営みを感じてみてほしいと思います。
例えば、私も最近知りましたが、母校の空調機は靜甲で取り付けたそうです。
学校施設を一つの例にしても、建設会社、設計事務所、足場屋、鉄筋屋、外装・・・と多くの人と企業が関わっています。どんなモノ作りも一人では成り立ちません。道具を作る人がいれば、機械を作る人、その部品を作る人がいます。

今回のコロナウィルスの影響で収益が上がった会社もあれば、存続の危機にまで陥っているところもあります。
対岸の火事と思っていても、関連会社や取引先が影響を受ければ、こちらにまで飛び火してくるかもしれません。
どこにどのようなリスクがあるのかは、なかなか把握できるものではありませんが、自分の身の周りがどのような仕組みで成り立っているのかを、これを機会に考えてみてほしいと思います。
そして、自分がどのように社会と関わっていきたいのかを見つけていただければ幸いです。

長くなってしまいましたので、この辺で終わろうと思います。
今回の騒動が一日でも早く収束することを祈っています。


2020年5月11日更新

|

2020年05月03日

はじめてのGW

こんにちは!
三島工場 工場研修の影山です!

社会人になってから早いもので、もうすでに1ヶ月が経ち、GWに突入してしまいました。
しかしコロナウイルスの影響で不要不急の外出は自粛…
社会人になって初めての給料も満足に使えず…
非常に虚しい初めてのGWとなってしまいました。
皆さんはどのように過ごされているのでしょうか?

と、まあコロナウイルスの話はさておき、私の現在の仕事について少し説明をさせていただきます。
私は三島工場にて包装機械に関する勉強をさせて頂いております。とは言っても機械に関する座学は最初の1週間のみで、後は設計の勉強や工具の使い方についての勉強がほとんどです。
勉強と聞くとつまらない印象を受けてしまいますが、座学ではコミュニケーションを兼ねての雑談が多く、実習でも雑談を交えながら課題の物を設計や製作をするので、1日がすぐ終わってしまうように感じるほど楽しく勉強をすることができています!

この会社の特色なのか、先輩社員や上司の皆さんは本当に優しく接してくださるので、分からないことがあってもすぐ聞きやすいですし、コミュニケーションも円滑に行うことができます。

コロナウイルスの影響で現在の就職活動は非常に困難を極めていると思います。それでも就職というのは自身がこれから会社に何十年と身を置くことになるものです。
就職活動とは会社に自身をアピールする場ですがそれだけではなく、自身が会社やその会社に勤めている方を知り、そして自分を知るためのプロセスでもあります。
この就職活動を通して自分を知り、どのような会社でどのようなことをしたいかを見極めてください。

どうか、コロナウイルスの影響で自分を見失わないよう、妥協や諦めに囚われないように就職活動を行ってください。
皆さんに負けないよう、私も右往左往しながら必死にもがきます!一緒に頑張りましょう!


2020年5月3日更新

|

2020年05月01日

入社式から1ヶ月

こんにちは!
監査室、新入社員の田村と申します。
入社式からちょうど1ヶ月が経ちました。あっという間の日々で、気がつけば明日からゴールデンウイークです。入社前は不安が9割を占めていましたが、今は楽しく充実した毎日を送っています。

私が配属された監査室ですが、「監査室」という言葉を初めて聞く人も多いと思います。私も、配属になるまで知りませんでした。監査室は当社および関係会社の業務遂行の監査・検査、監査人および会計監査人との監査事項に関する連絡・調整、内部統制監査を行っています。難しい言葉が並んでいますが、簡単に言うと業務の有効性・効率性を高めたり、悪いことを未然に防ぐといった役割をになっています。
監査室は室長、課長、私の3人です。とても優秀な上司に囲まれ、毎日学ぶことばかりです。私は「わからないことをわからないままにしない」を目標に1ヶ月を過ごしてきましたが、実際わからないことしかないので毎日、質問をしています。優しく、丁寧に教えてくれるので質問がしやすいです。優しい人が多いのでとても働きやすい環境だと思います。

監査室に配属された初日に室長から「角を矯めて牛を殺す(小さな欠点を直そうとして、かえって全体をだめにしてしまうたとえ)」ということわざを教えていただきました。人は欠点ばかり気になってしまうと思いますが、自分の持ち味を伸ばして長所を活かすことも大切だと思います。就職活動は自分自身を見つめ直す良い機会だと思います。ぜひ、自分の長所を活かしてください。

新型コロナウイルスの影響で大変な生活が続いていると思います。体調管理には気をつけて過ごしてください。
1日も早く新型コロナウイルスが終息しますように!!

2020年5月1日 更新

|

Copyright(c) 2006 Seiko. All rights reserved.
このサイトは靜甲株式会社が運営しています | 会社概要 | 靜甲株式会社

靜甲株式会社