« みなと祭りの踊り練習に参加しました! |メイン| 七夕花飾り製作 »

工場研修

こんにちは!
工場研修中の関です。
4、5月と三島工場での研修が終わり、6月からは清水工場で研修をしています。2ヶ月ごとに3つの工場を回るので、お世話になった工場を出ていく寂しさと、新しい工場にいく緊張はありますが、どちらの工場でも先輩方が気さくに話しかけてくださるので毎日楽しく過ごしています。

さて、この新入社員によるブログリレーですが、順番が回ってくるとなぜか良いタイミングでイベントが開催されます。ですが、私の順番には何もイベントがありませんでした。笑
なので、清水工場と三島工場の違いや研修の内容について簡単に話したいと思います。

清水工場と三島工場はどちらもオーダーメイドで包装機械の製造を行っており、清水工場では主に多品種少量生産で汎用性が高い包装機械、三島工場では清水工場の包装機械と比べて能力が高く、大きな包装機械を製造しています。そのため、1つの機械が完成するまでの時間や価格などが大きく異るなど、様々な違いがあります。

三島工場研修では1ヶ月間各課を周り、工場や包装機械ができる流れなどを学び、残りの1ヶ月は組立で工具や部品の使い方、名称などを実際の包装機械の部品を組み立てながら学びました。清水工場では、約1週間ごとに各課を周っています。現在は製造課の研修で、容器が流れるコンベアの調整や充填機のカバーの組立などを行い包装機械への理解を深めています。また実際に学んでいく上で、メモをとることはもちろん大切ですが、教えていただいたことをよく理解し自分の知識として定着させることが重要だと感じました。この考えをもとにこれからも頑張りたいと思います!

就職活動中の方々も自分をよく理解し、どのような人なのか知ることで、客観的に自分を表現しやすくなると思います。梅雨空が続きますが、体調には十分注意して頑張って下さい!


2019年6月24日更新

|

Copyright(c) 2006 Seiko. All rights reserved.
このサイトは靜甲株式会社が運営しています | 会社概要 | 靜甲株式会社

靜甲株式会社