« 2018年04月 | メイン

2018年05月20日

富士川工場の研修について

はじめまして。富士川工場で研修中の渡邊です。
暖かな4月から季節も遷り変わりさわやかな5月の風が心地よく感じますね。

現在研修が始まり一月余りが経過し、富士川での工場研修も残り2週間となりました。ようやく職場の環境にも慣れてまいりましたが、まだまだ初めての体験が尽きない新鮮な毎日を過ごしております。
さて、前回までに足立さんや井原さんが富士川工場の金型製造課や設計課、品質保証課について詳しく説明してくれました。そこで、今回私は富士川工場の新入社員研修とはどういったものかという概要のようなものを話したいと思います。

他の方も説明しておりますが、生産部門の新入社員が参加する研修では靜甲株式会社が持つ清水工場、三島工場、そして富士川工場の3つの生産工場をそれぞれ2ヶ月間ずつの計6ヶ月研修を行います。
その中で富士川工場では業務、生産、金型設計及び製作、そして品質保証の4つの仕事をそれぞれ2週間ずつ行います。
行う研修内容は、業務では主に出荷する製品の梱包作業。生産ではプレス機を用い製品の冷間鍛造を実際に行ったり、プレス作業をしている先輩社員の補助。金型製作では研磨による表面処理。金型設計では2D、3DCADによる製図練習。それと私は研修していませんが、品質保証ではハイトゲージなどの測定器具を用いて、製品に不良が無いかを検査するそうです。
これら4つの仕事を体験する事で受注を受けてから製品が出来上がり出荷するまでの一通りの工程と作業を研修中に経験する事が出来ます。ちなみに富士川での研修が始まってから数日の間は富士川工場についての説明や仕事に関する知識を一通り座学形式で教えていただけるので、何も分からないままいきなり現場で作業なんて事はないので安心して下さい。

また、富士川工場での研修の間は草薙にある社宅で同期と2人での生活となります。社宅には和室が1部屋と洋室が2部屋にリビングもあり、2人で暮らすには十分過ぎる程の広さが有ります。ですので、部屋割りを決めればお互いのプライベートも確保出来ますし、各部屋が広いので同期を呼んで遊んだりも出来ちゃいます!また、家賃や光熱費も会社が負担して下さったので部屋を借りる際の金銭面における不安も無くなりましたね。
研修前は他人と部屋を借りて共同生活する事に対し不安が有りましたが、住んでみたら意外と楽しく過ごせているので共同生活も悪くないなと思います。
以上が富士川工場の研修の概要となります。拙い文章を長々と書いてきましたが少しでも参考になれたのなら嬉しいです。

最後に就職活動中の方もいらっしゃると思いますので、是非自身の可能性を信じて就職活動に取り組んでいただきたいです。就活において正解なんてないしやりたい事に向かって努力する事が悪い訳ないので、自信を持って自身をアピールしていきましょう!皆様の幸せな未来を願っています!


平成30年5月20日更新

|

2018年05月14日

玉掛け技能講習

はじめまして、三島工場で研修中の岡村です。
気が付けばもう5月も半ば、陽光の暖かさに時の経過を感じます。
入社から1ヶ月半、会社という環境に慣れてきつつも、まだまだ自分がひよっこであることを痛感する毎日です。

さて、三島工場については鉾之原さんがとても詳しく紹介してくださったので、私はつい先週に受けた玉掛け技能講習について簡単にお話したいと思います。
玉掛けとは、クレーン等で荷物をつり上げるために荷にロープを掛けて、そのロープをクレーン等のフックに掛けたり外したりする作業の事を言います。
この玉掛けが正しくできていないと、つった荷が落下してきたり大きく振れたりといった重大な危険が引き起こされてしまうため、玉掛け作業を行うためには講習を受け、試験に合格して資格を取得する必要があります。工場ではクレーンをとてもよく使うので、非常に大切な資格となります。

講習の内容としましては、玉掛けの手順や方法だけではなく、クレーンに関する知識や玉掛けに関する力学、関係法令なども学びます。また、クレーン運転者への手を用いた合図やつるす荷の質量目測、使用するロープの選定などについても学び、実技もします。
講習期間はたったの三日間でしたが、とても多くのことを学び、身に付けることができたように思います。
思えば入社してから今まで、毎日が学びの日々です。これからも様々なことを一生懸命に学び、確実に自らの血肉としていきたいです。

最後に、現在就職活動中の方々へ。これはあくまで私個人としての考えなのですが、就職活動というものは会社への自己紹介です。エントリーシートも履歴書も面接も、あなたという「人」を会社に知ってもらうための手段です。ですから、あまり気負い過ぎずに、自分の考え・思いを素直に伝えるのが一番重要なのではないかと思います。
皆様のこれから先の輝かしい未来を祈っております。


平成30年5月14日更新

|

2018年05月08日

5月スタート

はじめまして。
清水工場 技術部 機械設計課に配属されました新入社員の鳫平(がんぺい)です。
GWも終わり5月に入りました。入社して1ヶ月経ち徐々に社員の方に溶け込めてきています。
まだ慣れない部分も多くありますが、社員の皆さんがとても良い人ばかりなのが身に染みています。

新入社員のみんなが仕事について話していると思うので、私からは靜甲ソフトボールについて話したいと思います。靜甲株式会社にはソフトボール部があります。今は2部リーグに所属していて、今年1部昇格に向け頑張っています。とても元気で明るいチームです。私は少しでも戦力になれるように日々練習に励んでいます。仕事とソフトの両立は大変ですが、この環境に感謝して毎日生活しています。

さてGWが終わり五月病にはなっていませんか?
皆さんはどんなGWを過ごしましたか?私は練習と試合を頑張りました!!
GW明けで大変だと思いますが今週1週間も頑張りましょう!

そして、今月に愛知県大口町で第2節のリーグの試合もあります。新人選手として元気に明るく頑張ります。また、先輩方のかっこ良いプレーも観れます。是非、応援に来てください!待ってます。

最後に就活中の皆さん。辛いことも多々あると思いますが、自分の人生です。諦めずに自分の夢に向かって頑張ってください。応援しています。


平成30年5月8日更新

|

2018年05月03日

ゴールデンウィークです!

はじめまして。富士川工場で研修中の足立です。
入社して1ヶ月が経ち、ゴールデンウィークを迎えました。
富士川工場周辺の自然は春から夏模様に移りつつあり、草木の緑が一層濃くなってきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は、2週間ごとに課をまわる研修のうち、最初に品質管理課で研修を行いました。そこでの仕事について簡単に紹介したいと思います。
品質保証課では主に、冷間鍛造で作られた製品サンプルの寸法測定や外観確認を行っています。
プレスされた製品のサンプルを回収し、製品の図面を見ながら正しい寸法や真円度が出ているかを、ノギスやマイクロメータ、ハイトゲージ、ダイヤルゲージ等の測定機器を使って確認します。
使い方は先輩社員の方が丁寧に教えてくれますが、授業や研究活動で使い慣れているという方は特に、経験を生かせる仕事だと思います!
測定機器は力の入れ加減で測定値が上下してしまうものもあり、正しく測定するには感覚を掴むことも大切です。
測定誤差が小さくなってくると、自分の技術が向上していくのが数値として分かるので、面白さややりがいが感じられると思います!
また、測定と同時に製品に傷や凹みが無いかも確認し、お客さまの希望通りの製品を納品できるようにしています。

就職活動中の方は忙しい時期かと思いますが、自分の人生を決める大きな選択となることもあるので、あきらめずに最後まで頑張ってください。
焦る事もあるかも知れません。そんな時は、もし自分だったらどんな人と一緒に仕事がしたいか?ということを考え、一度落ち着いて行動してみてください。
より良い判断ができるようになると同時に、良い印象を与えられるかと思います。
朝晩の寒暖差が大きい季節となりました。体調管理に気を付けて頑張ってください!


平成30年5月3日更新

|

Copyright(c) 2006 Seiko. All rights reserved.
このサイトは靜甲株式会社が運営しています | 会社概要 | 靜甲株式会社

靜甲株式会社