« 2017年10月 | メイン | 2018年05月 »

2018年04月27日

4月も終わりに・・・

はじめまして!

靜甲三島工場にて研修中の鉾之原(ほこのはら)と申します。
もう4月も終わりですね・・・。
GWが目前ですが、思いっきり羽を伸ばす方もいれば、就職活動に精を出す方もいるでしょう。
私事ですが、弊社では毎月25日が給料日でして、ちょうど一昨日頂いた初任給をどんな風に使おうか、と思いを巡らせているこのごろです。

さて、ここから簡単にですが、三島工場での研修について書き綴っていきましょう!

と、その前に・・・三島工場は包装機械を作っている工場です。
包装機械って耳慣れない言葉ですよね!
一言で言うと、調味料や洗剤などを自動で容器に詰める機械です。
もしもっと詳しく知りたい方がおりましたら、
↓弊社HP↓
http://www.seiko-co.com/
をご覧ください!

お待たせしました(笑)!今度こそ研修についてです!
まず最初の一週間は、座学中心に三島工場について勉強しつつ、午後からの実習では三島工場にある様々な課について実習を行います。
この期間は、同じ工場で研修をしている新入社員全員がいっしょに研修を受けます。

その後、「各課実習」ということで、一人一人がバラバラに別の課に分かれ、丸2日その課のもとでみっちりと仕事を体験します。
ちょうど昨日まで2週間かけて6つの課をまわっておりました。

注:6つの課・・・業務課、技術営業課、機械設計課、システム設計課、品質保証課、資材課(購買係)の6つ
なお、製造部に関しては各課実習の後に「現場実習」ということで1か月かけてさらにみっちり体験します。

機械設計課ではCAD(2D,3D)、システム設計課ではラダー回路と専門の知識を学びます。品質保証課では測定機器を用いて寸法のチェックをし、不良品が組み立て工程に回らないようにしますl。資材課では部品の処理の依頼に、いろいろな業者さんを訪問しました。etc.
ここで書ききれないくらいの濃密な時間を過ごさせていただきました。
そして、各課実習を通して工場の生の声や空気をたくさん感じ取ることができました!

研修の日々は、毎日が勉強であり、新しいことの連続です。特に私は大学の専攻が機械や電機ではありませんでした。知識0からのスタートとなる場面もたくさんあります。
そんな私でも、優しい先輩方や同期のおかげで仕事に取り組むことができています。
就職活動中は不安も多く、つい自分の専門に偏って就職活動をするもおりますが、それによって視野を狭くしてしまう危険もあります。(ほかならぬ私がそうでした・・・)
今になって思うと、社会に出てしまえば案外何とかなるものなんじゃないかと感じます。(腹をくくることができます。)

就職活動の中でもし思った通りにいかないことがあったら、立ち止まって一旦リラックスしてください。
そこから新しい道が開けることもあります。

長々と書いてしまったのでそろそろ〆ます・・・
それでは、ご自身の体調に気を付けて、これからの就職活動を乗りきってください!


平成30年4月27日更新

|

2018年04月19日

入社して2週間が経ちました

はじめまして!
商事事業部 設備営業部 冷熱課に配属されました 新入社員の近藤です!
入社してもう2週間が経ちましたが、未だに緊張感が解けない毎日を過ごしております…。

大塩くんや井原くんが工場について紹介してくれたので、私からは商事事業部門について簡単に紹介させていただきます。
商事事業部門は商品営業部と設備営業部から成り立っており、商品営業部では電機課、産業機器課、タイヤ課があり、設備営業部では設備課、冷熱課があります。主に三菱電機の産業用電機機器を扱っており、三菱電機株式会社の代理店としてそれぞれ活動しております。拠点は本館別館にあるため、本社から少し歩いたところにあります。

私が配属された冷熱課ではエアコンや換気扇などを扱っています。部屋の大きさや質、部屋の向きなどによって電機機器の選定を行い、お客様に最も適するものを提供するように努めております。
私は主に電話応対に追われる日々で、いつも緊張してしまいますが先輩方に助けていただきながら勉強しております。少しでも早く戦力になれるよう、地道な努力を忘れないことを心掛けたいです。

最後に、就職活動中の学生の皆様もいらっしゃると思いますが、何事も途中で諦めず自信を持って頑張っていただきたいです。私も思い通りにいかないことや挫折することが就職活動の中で多々ありました。それでも下を見ずに前を向いて取り組めたのは、“絶対諦めない”という信念があったからです。就職活動では情報が多量で何が大切なのか見失いがちになります。そこをどう切り抜け、就活の軸を見出していくのかが重要になると思います。
体調管理にはくれぐれも気を付けて、元気に頑張ってください!
それでは失礼します。


平成30年4月19日更新

|

2018年04月16日

4月も半ば

はじめまして、富士川工場にて新人研修中の井原です。

大塩くんが言っていたように2ヶ月づつ各工場で研修を行うのですが、私は現在富士川工場で研修しています。
3月に富士川工場を訪れたときに咲いていた満開の桜も散り、木々が青々と繁ってきたことで少しではありますが時間がたったことを感じています。

富士川工場では冷間鍛造を行っております。冷間鍛造は簡単に言うと金属に圧力をかけて製品を作る製法です。
研修では2週間毎に様々な課を回ります。先週までは金型製造課と設計課で研修を行っていました。
金型設計では製品を加工する際に使用する金型を製作する過程を間近で見て一部の作業を実際に行いました。
設計課ではCADを使って使用している金型を模写する実習を行いました。

入社して間もないですが同期の仲は良く、週末は集まって食事をしたりお酒を飲んだりと楽しく遊んでいます。先輩達も優しくしてくださり先日は食事に連れて行ってくださいました。

まだまだ今年度は始まったばかりですが体に気を付けて頑張っていきましょう。


平成30年4月16日更新

|

2018年04月10日

平成30年度新入社員ブログ

はじめまして、清水工場にて研修中、新入社員の大塩と申します。

本日より新入社員によるブログを始めます。トップバッターたる私は自分の今行っていることのおおまかな説明をしていきたいと思います。

冒頭でも紹介したように、現在は清水工場にて研修をしています。2ヵ月ほど研修したのちに富士川工場、三島工場にて、それぞれ2ヵ月研修することになっています。清水工場ではさらに組立、制御、加工、品証、CADといろいろな仕事を経験することになっています。現在私は組立業務に励んでおります。

学生時代は座学中心で機械をいじったことがほとんどないため、工具の名称から使い方に至るまで、どれをとっても超初心者ですので、作業の一つ一つに苦戦しています。今週になってやっと慣れたかも?と思うレベルです。もちろん、先輩方には遠く及びませんが・・・。
しかし、経験がないからこそ、今やっている作業には様々な発見があり、とても新鮮な気持ちで作業に取り掛かれているとは思います。経験がないからこそ、きちんとできたときにはそれに見合った感慨が生まれます。
社会人になり、環境の変化や責任の重さもあり、大変に感じることはもちろんありますが、仕事の中にもこのような感覚を見出していきたいと思います。

学生のみなさんも、学年も変わり、就職活動も本格化し、今は大変な時期だと思います。「だからこそ死ぬ気で頑張れ!」とは言いません。皆さんのペースを大事にしてほしいです。常に緊張しっぱなしでは身体が持ちませんからね・・・。最低限やらなければならないことはあると思いますが、自分のやりたいこともぜひやってほしいと思います。

ここまで書いて自分の文章を見返してみましたが、なかなか微妙な文章ですね・・・。後の人たちはもっときちんと書いてくれると思います。トップバッターで緊張していると思って見逃してくれると嬉しいです・・・。


平成30年4月10日更新

|

Copyright(c) 2006 Seiko. All rights reserved.
このサイトは靜甲株式会社が運営しています | 会社概要 | 靜甲株式会社

靜甲株式会社