« 2017年05月 | メイン | 2017年07月 »

2017年06月29日

電機課のこと

みなさん初めまして、電機課配属になった雨宮と申します。
よろしくお願いします。

今回は電機課について紹介したいと思います。

まず電機課について本当にざっくり紹介すると、
「三菱電機のFA機器を販売する代理店」となります。

三菱電機(メーカー)から商材を仕入れ、それを販売することが主な業務なのです。
代理店というと少しわかりづらいかもしれませんが、三菱電機専門の商社というイメージをもっていただければと思います。

「FA機器」について説明します。
FA機器と聞いてもいまいちピンとこない方が多いのではないでしょうか。
私自身も入社するまでFA機器というものを知りませんでした。
FA機器を簡単に説明をすると 工場の自動化システムに関する機器全般をさします。
FAとは ”FactoryAutomation”の略です。
具体的な機器名は シーケンサ、インバータ、サーボモータ、モータ、ロボット etc・・・です。
ますますわかりづらいと思いますが、今の世の中に欠かせない機器なのです。

1つ例をあげると、信号機の青、赤、黄色と自動に点滅が変わりますよね?
あれは誰かがボタンを押して切り替わるものではありません。
シーケンサという機器が自動的に制御してくれています。
これ以外にもさまざまなところでFA機器が使われています。
工場の設備に多く使われてはいますが、私たちの生活している環境の中にもFA機器は使われているので、興味のある方は少し調べてみると面白いと思います。

次に「電機課の雰囲気」ついて紹介します。
電機課のメンバーは現在合計30名在籍していて、この30名という人数は商事事業部の中で1番多い人数です。
それだけ売上も大きいため、職場の活気もあります!
私は営業係として仕事をさせてもらっていますが、毎日わからないことが多く、上司、先輩、アシスタント、SEに色々と聞きまわっている日々です。
優しく教えてくれる人ばかりで、またみんな仲が良いのが電機課の特徴です。
事務所の中も「しーん」とすることはなく「わいわい」としていますよ!

以上が、本当に簡単にではありますが「電機課」の紹介でした。

就活性のみなさん、本当に大変な時期ではありますが、ここを乗り越えればまた楽しい時期も訪れます。
何か聞きたいことがあれば電機課「雨宮」まで連絡ください!頑張ってください!

次は櫻井さんです、よろしくお願いします。


平成29年6月29日更新

|

2017年06月22日

毎日学んでいます

初めまして、工場研修をしている鈴木です。
入社してからもうすぐ3か月が経とうとしています。
現在は職場や寮での生活にも慣れ、順調な日々を送っております。
私は三島工場での研修を終え、今月からは清水工場で研修をしています。

ここで清水工場と三島工場の違いについて簡単にお話します。
まず清水工場で製造している機械は主に多品種少量生産であり、兼用性や汎用性に優れた機械を製造しています。
三島工場は1台あたりの機械が大きく、1分間あたりの充填能力が高い機械を製造しております。
このように、お客様の要望に応じた機械をそれぞれの工場で設計、製造しております。

清水工場での研修として、先週まで組立係の先輩に教えてもらいながら、充填機を構成するさまざまな部品の組み立てを行いました。その際に取り付けるボルトの長さの選定や、ナットの向き、ボルトの締め付け具合など基礎となる事から丁寧に教えていただきました。また教えてもらった事に対してメモをとることは重要ですが、「どうしてそうなるのか」という理屈を理解し応用していくことも大切である事を学びました。これからもこの考え方の基、仕事に取り組みたいと思います。

今週からは制御の実習として、シーケンスやPLCの制御方法、電気配線に用いられる工具の使い方などについて学んでいます。このように基礎となる部分を幅広く教えていただき、毎日とても勉強になります。1つ1つのことを着実に覚えていくよう、今後も頑張りたいと思います。

最後に学生のみなさん、今後雨の日が多くなるかと思いますが体調には気をつけて下さい。
また研究でも趣味でも、やりたいなと思った事に打ち込んで学生生活を楽しんで下さい!
次は雨宮さんです。よろしくお願いします。


平成29年6月22日更新

|

2017年06月16日

最近の活動

はじめまして。
設備営業部 設備営業課の根本です。

入社から早くも2ヶ月半が経ちました。
職場の雰囲気や電話応対にも慣れはじめ、社会人として一歩ずつではありますが、成長を感じながら日々過ごしています。

私の所属する設備営業課では、非常用発電機やエレベーターといった比較的規模が大きい商品をメイン商材として取り扱っています。また、その他にも普段私たちが駅構内で見かけるスイーパーという清掃機や太陽光パネルなど幅広い商品の販売も行っています。覚える内容が多く、苦戦をしていますが、その分様々な分野の人たちとお話しする機会が多いので刺激が多く、充実した社会人生活を送っています。
また、簡単な業務ではありますが、お客様の要望に応えられた時は達成感があり、仕事をしているという実感がわきます。

仕事以外の活動としては、8月5日に開催されるみなと祭りに向けて練習を行っています。
清水出身の私も驚くほど踊りの種類が多く、覚えるのが大変ですが、同期や先輩方と和気あいあいとした雰囲気の中で練習を行っています。
普段なかなか会えない本社勤務、工場勤務の同期と会える機会なので楽しい時間になっています。

最後に就活生のみなさん。
就職活動は慣れない事の連続で緊張したり、移動で疲れてしまったりと大変なことが多いかと思います。
無理をせず、しっかりと息抜きをすることが非常に大切なので、自分の好きなことをする時間を作ってリフレッシュしてくださいね!応援しています!
今いる友人を大切にして、今しかできないことに挑戦し、たくさん楽しんでください!

次は、工場研修の鈴木君です。よろしくお願いします!


平成29年6月16日更新

IMG_7560.JPG

|

2017年06月09日

新しい環境

はじめまして。富士川工場研修中の大石です。

前月まで清水工場で研修を行っており、今月から2ヶ月間富士川工場での研修となります。

清水工場では、それぞれの部署に1.2週間程度お世話になり、基礎を中心に学びました。私自身は電気電子の専攻であったため、CADを用いるのは初めてだったのですが、先輩が1つ1つ丁寧に教えて下さり、簡単な図面は描けるようになりました。

富士川工場は清水・三島工場の包装機械製造とは異なり、冷間鍛造部品製造です。冷間鍛造とは、金属材料を常温(室温)で金型によって圧縮することにより部品を成形する加工法で、清水工場での研修とは仕事内容が異なってきます。新しい環境になりますので心機一転頑張りたいです。

仕事の環境だけでなく、生活の環境も変わりました。富士川工場研修では社宅に住むということで、同期で協力しあって夕飯を作りました。初日は簡単に出来るものということで焼きそばを作りましたが、これからどんどん凝った料理もしていく予定です。

最後になりますが、就活生の皆さま。現在就活、研究で忙しい時期だと思いますがたまには息抜きをして気分転換をするなどして学生生活を楽しんでください!

次は根本君です。よろしくお願いします。


平成29年6月8日更新

|

2017年06月02日

入社して二カ月が経ちました!

初めまして。
商事事業部 タイヤ課の土屋允砂貴と申します。

入社して二カ月が経ちます。
二カ月前の私は新人研修を終え、不安と期待でいっぱいでした。
しかし今は少しずつ職場の雰囲気にもなれてきてとても充実しています。

私は4月より商事事業部のタイヤ課に配属が決まりました。
全国にある住友ゴム工業㈱代理店のネットワークを生かした活動を強みに日々タイヤの営業をしています。
さらにタイヤだけではなくゴルフ用品の販売もしています。

私は毎日事務の仕事をしています。具体的には電話対応、タイヤの発注などをしています。
入社してすぐの時は電話を取るのが怖くてビクビクしていました。入社して二カ月が経ちますが、まだまだ慣れません。ですが、新人らしく明るく元気に普段の声よりワントーンあげて対応していくことで私自身も自信を持つことができ、お客様も安心してタイヤの注文をしてくれるようになりました。
これからの私の課題は営業の方々の第二の営業になることです。電話対応もお客様とのやりとりになるので「絶対タイヤの注文を取るぞ」という強い気持ちでお客様へ対応していきたいと思っています。

タイヤ課に配属が決まりましたが、私はタイヤの知識など全くありませんでした。まずタイヤサイズとはなんだろうか、タイヤの種類とはなにがあるのか、種類の違うタイヤの性能とはなにかであったりと、タイヤ業界は専門用語が飛び交う世界で最初のうちはお客様が何を求めているのかもわかりませんでした。
しかし上司の方々が私たちのためにタイヤの勉強会なども開いてくださり、事務やタイヤのこと、専門のことまで優しく時間をかけて教えてくれるのでとても助かりました。なので皆さんなにも不安に思うことはありませんよ!

最後に就活生のみなさん。
今という時間を、今となりにいる友人を、大切な人を、大事にして最後の学生生活を楽しんでください。
たくさん勉強してたくさん遊んでください。
応援しています。

次は大石君です! 宜しくお願いします。


平成29年6月2日更新

|

Copyright(c) 2006 Seiko. All rights reserved.
このサイトは靜甲株式会社が運営しています | 会社概要 | 靜甲株式会社

靜甲株式会社