« 入社から2週間 |メイン| 入社して1ヵ月が経ちました »

工場研修!!

皆様、はじめまして!
富士川工場で研修中の平岡です。
入社から3週間が経ち、やっと社会人としての生活に慣れてきたかなと思います。

ではまず初めに、工場研修とはどんなことをやっているのか簡単に説明したいと思います。
工場配属の新入社員は清水、三島、富士川の各工場を2ヶ月ごとにまわり合計6ヶ月の研修を行います。
そこで各工場でどんな仕事をしているのか、どんな雰囲気なのかなどを実際に体験することができます。

次に、現在私が研修を行っている富士川工場の仕事について書きたいと思います。
富士川工場は清水、三島の液体充填機とは違い、冷間鍛造という事業を行っています。冷間鍛造と聞いてもどんなものかわからない人が多いと思います。簡単に説明すると、常温の金属に圧力をかけて変形させ、目的の形に加工するものです。冷間といっても冷やすわけではなく、熱間など金属が赤くなるほど熱する加工に比べて低いので冷間というので、間違えないようにしましょう。

富士川工場では4つの仕事の研修をします。営業、生産、品質保証、技術の4つになります。これを2週間ずつ交代で行います。
私は現在、生産の研修を受けています。先週までは営業の研修を受けていました。品質保証、技術の研修はまだ受けていないので、誰か受けた人が内容を書いてくれると信じて営業と生産の内容を説明します。
営業の研修ですが、お客様にあったり電話番をしたりといった営業っぽい仕事は一切しません。では何をするのか?簡単に言うとできた製品を箱に詰めて梱包する作業、いわゆる出荷です。このほかに製品に傷や割れがあるものを選別する作業も行いました。
次に生産です。これは富士川工場でのメインと言える研修です。ここでは主にプレスを打つ作業を行います。プレスは秒単位で作業速度がでるので、いかに作業効率を上げるか考えて作業しなくてはなりません。しかしどうすれば作業効率が上がるかを自分で工夫できるのでやりがいがあります。
このように富士川工場の研修ではその工場でやっている仕事のほとんどが学べます。清水、三島の研修でもそれは同じだと思うのでこれからしっかりと学んでいきたいと思います。

最後に就職活動をしているみなさんにアドバイスです。
数多くある企業の中でどの企業を選べばいいのか迷うと思います。そこで自分は何を一番に重要視するかを考えてみてください。例えば自分の研究に関係するところがいい!とか地元で就職したい!など、自分がここだけは譲れないというポイントを考えて企業を選んでみてください。就職活動や卒業研究など忙しいと思いますが、最後の学生生活楽しんでください!

次は電機課の水野さんです。よろしくお願いします。


平成28年4月25日更新

|

Copyright(c) 2006 Seiko. All rights reserved.
このサイトは靜甲株式会社が運営しています | 会社概要 | 靜甲株式会社

靜甲株式会社