« 2013年01月 | メイン | 2013年04月 »

2013年02月12日

靜甲バルーンバレー大会

こんにちは。
久しぶりの更新になります。
清水工場で研修をしている萩原です。
あっという間に2013年ですね。
今年に入って1か月半経ちましたが、同期の仲間とスノボーをしに行ったり、好きなアーティストのライブに行ったりして、今年も楽しんでいます。

さて話は変わりますが、2月11日に靜甲バルーンバレー大会がありました。
毎年恒例のバルーンバレー大会ですが、今年は静岡スバルや日本機械商事など靜甲グループも加わり600人以上の人たちが集まり熱戦を繰り広げました。
私は清水工場チームで参加しました。
この大会に向けて清水工場の先輩方と練習した成果がでたのか、
試合結果の方は、
なんと40チーム中、準優勝でした。
決勝で負けてしまったのは残念ですが、バルーンバレー大会を通じて靜甲だけでなくグループ会社の方々とも触れ合うことができ、とても楽しかったです。
来年は優勝できるように頑張りたいと思います。

最後に、就活中の皆さん、そろそろ各企業の説明会や試験も始まり忙しくなってきましたか?
私も就職活動を始めた当初は、エントリーシートに何を書くかで悩んだり、面接では何を聞かれるんだろうと不安でいっぱいだった気がします。
今就活中の皆さんも不安を抱いたりしている方も多いと思います。
不安を一人で抱え込まず、周りの人に相談してみるのも良いと思います。
周りの人たちがきっとサポートしてくれます。
学業との両立は大変だと思いますが、体調に気を付けて就職活動頑張ってください。

今回のブログがおそらく私の最後のブログになるかと思います。あと1か月半後には後輩が入ってくると思うと非常に楽しみです。
4月から一緒にお仕事頑張っていきましょうね!!
では!!

下の写真は、同期でスノボーをしに行った時の写真とバルーンバレーの写真です。

スノボー.jpg

IMG_4379.JPG

DSC00479.JPG

|

2013年02月05日

バルーンバレー?知ってるよ。あれだろ?バルーンでバレーするやつだろ?

(注)本ブログには研修中のシーンやバルーンバレーなどのエピソードが含まれています。

バルーンバレーって知ってますか?
恥ずかしながら入社するまで知りませんでした。そんな私は木野です。

来る2月11日、毎年恒例となった靜甲バルーンバレー大会が開催されます。
バルーンバレーどころか普通のバレーすら経験が薄い私はとにかく練習あるのみ。
ということでこの前、バルーンバレーの練習に参加してきました。

うん。これはやりやすいわ。
ビーチボールだから強く打ってもそこまでスピードでないんですよ。
フワフワ~って落ちてくる感じ。当たっても痛くないしね。
楽しかったですよ。でも上手くはなかったので、本番は勝利よりも楽しむことに専念するとします。
イベントは楽しんだもの勝ちですもんね。

話は変わって研修ですが、山崎さんの言っていた通り部品が足りないんですなこれが。
動く動かない以前の問題ですからね。こればっかりは届くのを待つしかないです。
そういう事情もあり、最近は新入社員数名で三島工場の応援に行っています。
7月以来三島には来ていませんでしたが、研修で分解していたのが三島の機械というだけあって、あのときよりも機械のことが多少なりともわかるようになりました。研修の成果が出たかもですわ。
分解していたのは20年も前の機械ですが、今現在でも使われている技術が当時からたくさんあったんですね。
もちろん新しくできた技術もたくさんありますので、覚えることはまだまだありますが。
これからも頑張っていきます。

さらに話は変わって、そろそろ私の2コ下が就活しているころでしょうか。
就活生の皆さん。服装だけは絶対に気をつけましょう。家出る前にちゃんと鏡で見るように。
前にも似たような話をしたけど、「まぁ自分は大丈夫」って思ってる人ほどスーツスニーカーとかノーネクタイとかやるからね。ホントにやるからね。びっくりするよホントに。
とにかく、一緒に仕事ができるのを楽しみに待っています。だから皆も頑張って!!

そして、多分今回が最後のブログになるかと思いますが、みんなのやる気次第で奇跡的にもう一度自分に回ってくる可能性があります。
というわけで………。

~勝手に次回予告~

研修が終わりを告げようとしている。
だが、それはすべての始まりに過ぎなかった。
迫りくる期限。届かない部品。
絶望の中、新入社員たちに一筋の希望の光が差し込む。
1年間の研修を通して見えたものとは何なのか。
その答えが今、明かされる。

次回!!新入社員ブログ最終話!!      
『最後だし、思い出話とかどうよ?』
そう。思い出は永遠に。

同時掲載
『山崎の「それエアー抜いた?」』

Coming soon

|

Copyright(c) 2006 Seiko. All rights reserved.
このサイトは靜甲株式会社が運営しています | 会社概要 | 靜甲株式会社

靜甲株式会社