« 2010年11月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月27日

さようなら2010。こんにちは2011。

明けましておめでとうございます。
激動の2010年も終わってしまいました。
こんにちは小長谷です。
振り返ってみると2010年はさまざまな変化があった1年でした。
学生から社会人になったり、人事から総務に異動になったり。
変化がある度に不安になりましたが実際は思っていたよりもはるかに楽しかったです(笑)
もうすぐ社会人になる皆さんは今多少なりとも不安を抱えていると思います。
就活中のみなさんも不安を抱えていると思います。
ちょうど1年前、そして2年前ぼくも不安で一杯でした。
しかし、いざ始まってみると想像しているより楽しいもんです!!!
周りの人たちがきっとサポートしてくれます。
学生では味わえない楽しみもたくさんあります。
だから期待に胸を膨らませて2011年自分の目標を達成できるよう頑張って下さい。
ただし無理しすぎるのは禁物です。。。
ちなみに、ぼくの2011年の目標は「時間を有効に使う」と「インナーマッスルを鍛えて鋼の体を作る」です。
2011年の終わりにはきっとムキムキのビジネスマンになっているはず(笑)
次はいよいよ竹中さんの登場です!!!!!


|

2010年12月17日

2010☆忘年会

こんにちは、おひさしぶりです!!監査課のイマクラマイコです。
同期のみんなも忙しいみたいで・・・回ってきたと思ったらもう12月です(><)!!
この新入社員ブログももうすぐ卒業だと思うと・・少し寂しいです。
終わってしまうまでにもう一回くらい書けるようにみんな頑張って更新していきましょ???

昨日は管理部門の忘年会でした!!
*一年間の辛かった事を忘れ、年の差も忘れ、自分が年をとったことも忘れて、楽しむ会*
ということで、たくさんの人とお話をし、楽しみながらもまた勉強させていただきました。

最近、仕事をしていてとても印象に残っていることがあります。
それは、、、「事件は現場で起きている!!」という一言です。
これは、有名なドラマのセリフではなく、私の上司が言った一言です。
工場の監査に行った時に、現場の人と直接お話をして、
工場で起こる様々な問題、困っていることについて伺いました。
その話を聞いて、“現場で作業する人にしかわからないこと”
が想像以上にあることに気がつきました。

私たち管理部門は、本社の中にいて、会社の「人・物・お金」に関することを
管理しているわけですが、実際工場に行って見てみることは滅多にありません。
でも!!「事件は現場で起きている」のです・・・
監査の仕事も、ただ書類の数字を見て指摘するのではなく、
現場で作業している人のことを考えて、直接話を聞いてみて、
本当の意味でその人たちのためになる仕事をするべきなんだと感じました。
そしてきっとそれが結果的に会社のためになるんだと思います。
また一つ勉強になりました♪♪

今年の出勤日も・・残すところあと7日!!
年末年始の楽しみに向けて、全力で頑張ります!!
みなさんもマイコプラズマ症候群にはくれぐれも気をつけてくださいね※笑

|

2010年12月07日

「大きな壁」

お久しぶりです。経理課の吉田です。

先月行われた新入社員フォロー研修に参加して、社会人としてのマナーや会社の一社員としての責任を痛感し、より一層会社に力に貢献したいと思っている今日この頃です。

そんな中で今、「簿記検定合格」の目標を掲げ、管理部の社員8人で簿記という大きな壁と闘っています。経理課主催で、業務終了後の1時間、週に3回、講習を受けています。
簿記とは、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、帳簿記入を意味しています。具体的には、会社の経営成績や財政状態を明らかにして、それらを関係会社や取引先に示します。いわゆる業績を判断する重要な役割を果たしているものです。

特に、管理部に配属されれば、伝票をきったりする機会が多くなると思います。社会人として、持っていて損はない資格であると言えます。

私は、簿記の能力を最も必要とされる経理課に所属しているため、絶対に合格しないといけないといけないと思っています。さらに、私は商業高校を卒業しているのでなおさら簿記に関して他の方々よりできていておかしくない立場ですが…簿記はとにかく大きな壁なんです……

みんなで受かるように助け合ってがんばっています。スケジュール的になかなかキツイですが、経理課の先輩方が必死になってくださっているので、その気持ちに応えられるようにがんばって合格したいと思います。

もうすぐ、クリスマス・お正月がやってきますが、大学や高校生活最後の冬のイベントですので大いに楽しんで、充実した時間を過ごして下さい。
体調には十分気をつけて……

ではまたの機会まで。。。

|

Copyright(c) 2006 Seiko. All rights reserved.
このサイトは靜甲株式会社が運営しています | 会社概要 | 靜甲株式会社

靜甲株式会社